作品
ホーム作品 > シンドローム(単行本)

シンドローム

単行本

シンドローム〈上〉

シンドローム〈上〉

[出版社]
講談社
[発売日]
2018年8月3日
[ISBN]
978-4065127063
[価 格]
1,850円(+税)
amazon/シンドローム〈上〉
シンドローム〈下〉

シンドローム〈下〉

[出版社]
講談社
[発売日]
2018年8月3日
[ISBN]
978-4065127056
[価 格]
1,850円(+税)
amazon/シンドローム〈下〉
あらすじ
電力事業ほど儲かるビジネスはない――。
国から特別待遇を与えられ、「絶対に損をしない」収益構造を持つ電力業界に狙いを定めた鷲津の前に立ちはだかるのは、日本経済構造の暗部に蠢く権力。それでも、総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の2011年3月。東北地方を未曾有の地震、津波、最悪の原発事故が襲う。
官邸は迷走し、首都電は責任回避に奔走するばかり。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。まさに国家存亡の危機。
〝ハゲタカ〟はどう動くか?

※本書は、2015年11月から2018年2月まで、「週刊ダイヤモンド」にて連載された同名小説を、加筆・修正したものです。
作者の思い
図らずも、一つの集大成的作品になりました。
『ハゲタカ』シリーズの企業買収と再生、『ベイジン』や『コラプティオ』などで取り組んできた原発を中心としたエネルギー問題、そして、東日本大震災後のフォローというデビュー以来私が取り組んできたテーマが融合しました。
勿論、『ハゲタカ』シリーズの信条である、“徹底的に面白く!”にもこだわりながら、ドラマ化によって原点を知って戴いた方にも、シリーズを読み続けてくださる方にも、きっと「何かが響く!」作品だと確信しています。

〈2018年8月〉

information